医療トラブルの相談は専門家の存在と費用を知り行動する

いざ行動するときのために知識で理論武装しよう

流れを知っておく

医療トラブルのおいての相談を利用する方法とは

医療トラブルにおいて相談を利用する方法とは、全国の都道府県庁の中にある医療安全支援センターに連絡することから始まります。まずは、そちらに相談してみて、どうゆう流れになるかを確認することをお勧めします。医師や看護師などの医療関係者が応じてくれ、相談も無料で利用することが出来ます。そして、検査の必要性が理解し辛いということや、カルテの開示を求めたい時、説明をきちんと受けていないなどの医療トラブルについて相談をすることができ、それについて今後どうすれば良いのかの具体的な方法も教えてくれます。また、電話やファックスやメールでの問い合わせも対応してもらえます。弁護士会を紹介してくれ、その中から医療トラブルに強い弁護士事務所を知ることが出来ます。

どういったことによって人気なのか

医療トラブルの相談が増えてきていて、どういったことによって人気なのかということを調べてみると、メディアの影響で患者さん側の意識が高まったことが挙げられます。それによって、今まで医療トラブルとしてとらえられていなかったことに対しても、強い疑問を感じ、医療トラブルを疑う患者さんが増加しているのです。そして、インターネットの普及によって、詳細を調べることが簡単にできるようになってきていることも影響しています。説明の内容や検査の内容を自分で調べることができ、特別に医療の知識がなくても、良いか悪いかの判断ができるようになっているのです。そのため、医療トラブルについての相談につながっているのです。そういった理由により、今後も増えていくということが予想されます。

訴訟を起こすために必要なことや気をつけたいこと

医療トラブルに遭ってしまったかもしれないと疑問を持ったときは、その医療行為を受けた際のメモを取っておくことが重要です。医師にかかるまでの状況、治療を受けた時期や診断、症状の推移、医療事故ではないかと思った時期とそのきっかけなど、その医療トラブルに関わると思われることは何でも記録に取っておきましょう。記憶だけだと初期の段階でははっきりしていたことも、後日裁判の場で記憶が薄れてしまっていて、裁判所に有利な心証を持ってもらえない場合もあります。次に医師から説明を求めることになりますが、その場は医師に過失を認めさせ責任を追及することが目的ではないので、できるだけ感情的にならないようにします。ここで受けた説明もきちんと記録しておくことが大切です。もうひとつ注意しなければいけないことは、医療トラブルによる訴訟を起こすための時効があるということです。時効が来てしまって訴訟が起こせなかったということがないよう、早めに弁護士に相談する必要があります。

医療トラブルに遭った時の弁護士の選び方

医療トラブルによる訴訟は、弁護士にとっても特殊かつ専門的な分野のため、弁護活動が困難な事件だと認識されているようです。そのため、他の一般民事事件と比較して終結までに時間を要し、弁護士が要する労力も多いうえに患者側の勝訴率が一般の民事事件より高くないこともあり、困難で敬遠される傾向にあります。こういった医療トラブルによる訴訟の特殊性を踏まえると、相談を受ける弁護士のポイントは以下のようになります。医療トラブルによる訴訟に対する積極性や熱意があること、医学的な専門知識を得るネットワークがあること、冷静で客観的な見通しを立ててくれることなどが挙げられます。また、弁護士を探す方法としては、知り合いの紹介や弁護士会、無料法律相談などがありますが、医学的な知見をもとに調査を進める必要があるため、医療事故情報センターや医療事故相談センターを活用するという方法もあります。

諦める必要はない

医療トラブルの相談を受付けている場所があるのは、医療を受けた人に万が一のことがあった時に、救えるようにするためです。諦める必要はないため、むしろ上手に利用するような動きが功を奏します。

知りたい?

話が通じる相手を知る

医療トラブルの相談を行うなら、相談相手を選ぶときに話が通じる相手を知ることから始めたいところです。無料相談を行っている場所や、電話で話を聞いてもらえる場所があります。

知りたい?

費用について知る

医療トラブルの相談を聞いてほしい、そう思った時にはお金のことが心配にもなります。そこで、費用について知ることで目安がついて、相談する勇気につながっていくということを忘れてはいけません。

知りたい?

もしも巻き込まれたら

医療トラブルの相談を行うか悩んだとき、誓約書にサインをしたとしてもそれは無視することが大切です。専門知識のある弁護士を始めとした、話のわかる人に話を聞いてもらい、アドバイスを受けるのが大切です。知りたい?

話を聞いてくれる場所

医療トラブルの相談は、万が一の何かがあった時にその悩みを抱える人が駆け込めるところに意味があります。どこまで技術が進歩しても、話を聞いてくれる場所として、絶対に必要です。

知りたい?

他も知りたい人はコチラ